研究室紹介

パワーエレクトロニクス

鄧明聡研究室

鄧明聡研究室
次世代につながる制御を目指して!!

私たちの身のまわりには、制御によって動くさまざまなメカが存在しています。それらは私たちの生活には必要不可欠なものとなっています。そこで鄧研究室では次世代のスマート材料や半導体素子による廃熱を用いた発電システムなどを対象として、理論と実験の両立した研究を行っています。理論では、制御の対象の振る舞いを数式で表して、制御システムを設計し、コンピュータ上でシミュレーションを行います。実験では、実験装置の製作は基本的に自分で行い、電子回路設計・製作を行います。本研究室では自主性を重視した研究を行っており、学会発表や国際交流が多く、頻繁に海外からの来訪者があります。毎日スタッフと学生が活発に意見を交わしながら仲良く研究を行っています。

教授 鄧明聡
教授
鄧明聡
助教 野下裕市
助教
野下裕市
技術職員 須田正則
技術職員
須田正則
ページのトップへ