研究室紹介

通信システム工学

梅林研究室

梅林研究室
ユビキタス社会の実現を目指して

いつでも、必要な情報を入手できるユビキタス社会の実現には、センサーネットワークなど多種多様な無線サービスの展開が必要となります。一方で、無線通信にとって周波数は重要で有限な資源であるにも関わらず、現在、周波数の不足により、新たな無線サービスの展開が困難(周波数枯渇問題)となりつつあります。本研究室では、この問題を解決するために、周波数の利用状況を認識・学習する観測システムと、その情報に基づきダイナミックに・賢く・礼儀正しく周波数資源を利用する無線システム・ネットワーク(Dynamic Spectrum Access システム)の実現を目指して研究を行っております。

准教授 梅林健太
准教授
梅林健太
助教 竹村淳
助教
竹村淳

鈴木研究室

鈴木研究室
次世代周波数領域の世界に挑戦しよう

1. テラヘルツ波帯アンテナ
 スマートデバイス(スマートフォン)への搭載を目指し、電磁波のフロンティアのテラヘルツ波を制御するアンテナを研究しています。

2. 極限屈折率材料とデバイス応用
 高速無線通信やイメージングなどのテラヘルツ波技術の産業応用化に取り組んでいます。10 を超える超高屈折率、0 ぴったりのゼロ屈折率、0 以下の負の屈折率を有する無反射透明材料など、研究室独自に材料からデバイスまで通して研究開発しています。

3. メタマテリアル
 自然界には存在しない電磁的性質を持つスーパー物質により、透明マント(ステルス)技術に向けた基礎研究に取り組んでいます。

准教授 鈴木健仁
准教授
鈴木健仁
ページのトップへ