研究室紹介

知能システム工学

白樫研究室

白樫研究室
原子や電子を自在に操り、新しいコンピュータを作り出せ!

最近のパソコンやスマートフォンなどの飛躍的な発展には大変驚かされますよね!?これは、その中に入っている集積回路の性能が短期間で急速に向上しているからなのです。しかし、その急激な高性能化にも限界が見えつつあります。我々の研究室では、現在の半導体集積回路の限界や問題を乗り越えることが可能な新しいエレクトロニクス技術である「ナノエレクトロニクス」の研究を展開しています。現在、「ナノテクノロジー」と呼ばれる技術では、既に原子を個別に制御することができ、更に「ナノエレクトロニクス」により電子を1個ずつ制御することが可能になりました。これらの研究が進めば、これまでに考えられなかった全く新しいコンピュータを作ることも夢ではなくなりつつあります。農工大で、我々と一緒にこの夢を実現しませんか!

教授 白樫淳一
教授
白樫淳一

藤吉研究室

藤吉研究室
高性能な集積回路の設計手法を目指して

多くの電気製品の中に入っている集積回路は、生活や産業に必要不可欠なものとなっています。集積回路を分解してみると中から出てくる小さなシリコンの板が集積回路の本体であり、これは様々な先端技術を用いて製造されています。この板を設計する問題は簡単に言えば、「できるだけ小さい長方形領域の中に指定された様々な大きさの長方形を配置し、その間を指定されたとおりに配線せよ」であり、非常に難しいパズル問題と考えることができます。更に最近の集積回路ではこのシリコンの板が何枚か重ねて入っており、より複雑な問題になっています。我々はこの問題の主要部分の一つであるレイアウト設計問題を計算機に解かせるための効率的な手順に関する研究を主にやっています。

准教授 藤吉邦洋
准教授
藤吉邦洋
技術職員 小林和行
技術職員
小林和行
ページのトップへ