研究室紹介

医用情報工学

清水昭伸研究室

清水昭伸研究室
医療(画像診断)支援を目指して

現在、医療現場ではCT像などの医用画像が大量に撮影されます。病気に関する豊富な情報が得られる反面、限られた時間内で画像から異常部位を探さなければならない医師にとっては、大きな負担となっています。私たちの研究室では、コンピュータを用いて医用画像から異常部位をあらかじめ検出し、医師を支援するためのソフトウェアシステムを開発しています。他大学の医学部や企業と共同で研究を進め、実際に世の中に役立つシステム作りを心がけています。また、世界で最も優れたシステムを開発するために、研究レベルも常に世界最先端にあることを心がけ、海外の研究者との交流も積極的に行っています。

教授 清水昭伸
教授
清水昭伸
助教 斉藤篤
助教
斉藤篤
ページのトップへ