受験生の方へ

学部受験生のみなさんへ

電気電子工学科の特徴

ハードとソフトの能力を備え、しなやかで強靭な人づくりを目指す

すべてのIT技術の源
インターネット、スマートフォン、ロボットなどの最先端技術はエレクトロニクスの上に成り立っています。
電気電子工学科では、次世代のIT技術を生み出すエレクトロニクスの基礎から最先端まで学べます。
ハードとソフトの両方を学べる
電気電子工学科では、半導体・環境エネルギー・光エレクトロニクスなどのハードウエアと、コンピュータ・画像処理・通信システムなどのソフトウエアの両方をバランス良く学べます。
工学部トップの就職率
電気電子工学科は工学部のなかで常に就職率がトップです。電気や電話、コンピュータを使わない企業は無いのですから、当然ですね。不況のときでも、実質就職率は100%です。
学科イベント情報>>
学生の声>>
国立大学法人東京農工大学工学部電気電子工学科

入学するためには   入試情報はこちら>>

  • 一般入試(前期)
  • 一般入試(後期)
  • 推薦入試Ⅱ

入学から卒業まで

入学から卒業まで 研究室のテーマ

卒業後の進路

電気電子工学科の強みは、景気に左右されない就職実績にあります。実質就職率は100%です。
電気電子工学科では、多くの卒業生が大学院へ進学し高い専門性を身に着け国際感覚を養うことを選択しますが、就職希望者も多く、電気機器関係、自動車業界、通信業界などの分野で働いています。
最近の就職・進学状況>>

ページのトップへ